婚活で相手と会う時の服装

婚活で相手と会う時の服装

婚活パーティーや、街コンに数回通ってみて、婚活をすることにもだいぶ抵抗がなくなってくると、今度はその中身に対する悩みが出てきます。
といっても、主催者側についてではなく、自分自身に対する悩み。
主催者側についての不満は、まああるときもあれば、満足するときもあるので、これはまた別問題ですね。
自分自身への悩みとはいったい何だろうかと思いますか?

 

 

婚活パーティーで好印象を与える服装

まず、初対面の相手に与える第一印象はとても重要です。
顔や体型はなかなか変えられるものではありませんが、服装も非常に重要です。
服装なら、少々お金をかければ、以外と見た目の印象をガラリと変えることが可能です。

 

婚活パーティーでNG服

 

  • カジュアルすぎる服装
  • アクセサリーのつけすぎ
  • サイズの合っていない服(ピチピチ、ブカブカ)
  • オシャレすぎる服
  • 流行のハット
  • ヨレヨレの服
  • 全身ブランド服

 

こういった服装は、女性側から敬遠されます。
特に、側に寄りたくないと思わせるので、やめましょう。

 

 

おすすめの服装

 

  • カジュアルスーツ(シャツは薄めのカラーがおすすめ)
  • ジャケット+スラックスかチノパン
  • 冬はセーターやマフラーをプラス
  • 柄ものは多くても1点に留める
  • ワンポイントのおしゃれを演出

 

上はチェックのシャツ、下はストライプのスラックスとなると、ガラガラしていてうるさく感じます。
小物も含め、柄物は1点に絞った方が無難です。

 

 

女性は、顔と同じくらい服装にも目がいくものなのだとか。
となると、男側としては、適当にこれでいいや!とはいかなくなります。
そして、一番重要なのは、清潔感なのだそう。
まあ、女性の服装にも清潔感は必要ですからね。
そして、もうひとつ大切なポイントは、女性が近寄りやすい服装であること。
高級な服やアクセサリーで全身固めていては、女性は近寄ってきてくれません。
温かみのある色をポイントに持ってきて、優しい男を演出してみましょう。
ジーンズは、人によっては受け入れてくれますが、個人的には避けた方がよい気がします。
特に、流行のジーンズを履きこなすのはなかなか至難の業ですから、無理に流行に追いつこうとせず、自分らしさを出せる清潔な服装を目指した方がよいでしょう。

 

 

服が決まれば、あとは自然に自分を出すことです。
無理に自分を作っていても、いつかはバレてしまいますから、最初から作りすぎないようにした方がよいですね。
ナチュラルなオシャレを演出して、婚活を一歩前進させていきましょう。